世界のジェネリック医薬品を、簡単個人輸入

高血圧症治療薬 ビソプロロール 2.5mg 30錠


レギュラー価格 $33.00
高血圧症治療薬  ビソプロロール 2.5mg  30錠

β1受容体遮断作用により血圧を下げます。また、心臓の過剰な働きを抑え、狭心症の発作を予防し、脈の乱れを整えます。 通常、本態性高血圧症(軽症~中等症)、狭心症、心室性期外収縮、慢性心不全(虚血性心疾患または拡張型心筋症に基づく)および頻脈性心房細動の治療に用いられます。

■ご使用方法

本態性高血圧症(軽症~中等症)、狭心症、心室性期外収縮:通常、成人は主成分として1回5mgを1日1回服用しますが、治療を受ける疾患や年齢・症状により適宜増減されます。 虚血性心疾患または拡張型心筋症に基づく慢性心不全:通常、成人は主成分として1回0.625mgを1日1回服用から開始します。服用を2週間以上続けて忍容性がある(なにごともなく飲み続けられる)場合には、1回1.25mgを1日1回に増量されます。その後、忍容性がある場合には4週間以上の間隔で段階的に増量され、忍容性がない場合には減量されます。用量の増減は必ず段階的に行われ、1回0.625mg、1.25mg、2.5mg、3.75mg、または5mgのいずれかを1日1回服用します。年齢・症状により開始用量は更に低用量で、増量幅は更に小さくなる場合もあります。 維持量として1回1.25~5mgを1日1回服用します。薬の効果により適宜増減されますが、最高服用量は1日1回5mgを超えません。 頻脈性心房細動:通常、成人は主成分として1回2.5mgを1日1回服用から開始しますが、効果が不十分な場合には1回5mgを1日1回に増量されます。年齢・症状により適宜増減されますが、最高服用量は1日1回5mgを超えません。 

■ご使用上の注意

以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。徐脈、房室ブロック、洞房ブロック、洞不全症候群、糖尿病性ケトアシドーシス、代謝性アシドーシス、心原性ショック、肺高血圧による右心不全、非代償性の心不全、末梢循環障害、未治療の褐色細胞腫 妊娠または授乳中、妊娠している可能性がある。 他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。主な副作用として、徐脈、低血圧、頭痛・頭重感、めまい、ふらつき、発疹、皮膚のかゆみ、倦怠感、浮腫、立ちくらみ、呼吸困難などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。更に詳しくは外部専門サイトもご参照下さい。 

http://xn--rbt9ni59fe5e.com/%E5%BF%83%E4%B8%8D%E5%85%A8%E8%96%AC/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%88.html 

関連する商品