世界のジェネリック医薬品を、簡単個人輸入

Ⅱ型糖尿病治療薬 アクトス 15mg ジェネリック 60錠


レギュラー価格 $22.00
Ⅱ型糖尿病治療薬  アクトス  15mg  ジェネリック  60錠

チアゾリジン系(グリタゾン系)の新しいタイプの糖尿病治療薬です。その作用から、「インスリン抵抗性改善薬」と呼ばれています。肥満タイプで、インスリンに対する感受性が鈍っている人に向きます。 単独で用いるほか、作用が違う別系統と併用することも多いです。併用療法が認められている薬には、スルホニルウレア系とグリニド系薬(オイグルコン、ダオニール、グリミクロン、アマリール、スターシス、ファスティック、グルファスト)、α-グルコシダーゼ阻害薬(グルコバイ、ベイスン、セイブル)、ビグアナイド系のメトホルミン(メルビン、グリコラン)などがあります。 

■ご使用方法

通常、成人はピオグリタゾンとして15~30mgを1日1回朝食前又は朝食後に経口服用する。なお、性別、年齢、症状により適宜増減するが、45mgを上限とする。 

■ご使用上の注意

注意する副作用として、浮腫(むくみ)があります。とくに女性の発現率は10%以上にのぼり、さらにインスリン併用時では30%近くに達します。もともと心臓の弱い人では、心臓に負担がかかり心不全を起こすおそれもあります。手足のむくみ、急激な体重増加、息苦しさ、動悸などの症状に注意しましょう。 インスリンを含め他の血糖降下薬と併用しているときは、「低血糖」にも注意が必要です。低血糖とは、必要以上に血糖値が下がってしまう状態です。おおよそ血糖値が50mg/dl以下になると低血糖特有の症状があらわれてきます。ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、力の抜けた感じ、目のちらつき、イライラ、ぼんやり、さらに重くなると、気が遠くなり、けいれんを起こしたり意識を失うこともあります。すぐに糖分を補給するようにしましょう。 そのほか重い副作用として、肝機能障害や黄疸が発現する可能性があります。まれな副作用ですが、定期的に肝機能検査をおこなうなど注意が必要です。また、海外の疫学研究で、服用期間が2年以上になると、膀胱がんの発生リスクが1.4倍に増えるとの報告があります(10年間の最終解析では否定されています)。万一のことですが、服用中に血尿や頻尿、排尿痛などがあらわれたら、直ちに受診するようにしてください。更に詳しくは外部専門サイトもご参照下さい。

http://www.diabetic-insurance.net/oha1/tzd/actos.html 

関連する商品